So-net無料ブログ作成
宇宙旅行への道 ブログトップ
前の10件 | -

解かぬ誤解と敬礼するひとと効率の悪い落ち葉拾い。 [宇宙旅行への道]

午前6時40分、散歩に出る。灰色の雲間から覗く太陽の位置は高く、時折、眩しい光を放つ。
日曜日のせいかクルマも犬もひとも少ない。パン食うやチョココロネへのこだわりは消えた。
会っても会わなくてもいい。有ったら買って食えばいい。って、チョココロネには少し心残り。

31日の太陽

ご隠居に会う。挨拶のあとは「いつもエライな、頑張り屋だ」と続き「何年生?」って
いやいやいやいや、親切なひとが変なおじさんになってしまうから止めてと思いながら
「いえ、学校には行ってないです」と答える。「今日まで夏休みだもんな、学校は明日からだ」
んー、それは正しいが、問題はそこではない。そこではないけども重大な問題ではないのかも。
ご隠居の誤解を明らかにしたところで得るものはない。「気をつけて行きなさい」「はあい!」

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
百日紅に挨拶、公園を出て来た道を戻る。と、交番に異変。

交番前に警杖を持つ警官らしきひとがいて「おはようございます」などと言って敬礼する。
返事をしながら眺める敬礼はぎこちなく見える。後釜?本物だろうか。よく、わからない。
手帳の提示を求める理由も思いつかず見えなくなるまで何度も振り返るとその間ずっと
交番前に立っていた。警官らしく見えるが、確信するだけのものは今のところない。
疑うだけの理由も全くない。今のところ。

歩道で銀杏の落ち葉掃除をする女性。丁寧な仕事を心掛けているのかもしれぬが効率が悪い。
落ち葉を一枚ずつ割り箸で拾う。その辺り一帯を掃除するつもりなら一日仕事になりかねぬ。
「あーっ」とか「もおっ」とか、既にやってられない感のある声を上げ5分持ちそうにない。
何だって、割り箸を掃除用具に選ぶのか、訳がわからない。

31日の蓮 種?

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、デニムパンツは退色しつつ干され続けている。
Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ3回。やたら引力を感じながら。
帰宅。6km/hで4km、上出来。2日のブランクって案外デカい!
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

チョココロネ食らいたい日に、ブラブラ、おもち下さい。 [宇宙旅行への道]

午前7時、散歩に出る。強さの定まらぬ雨が降る。
「微弱で」と言うと空が少し明るくなり、雨に手加減された気がする。

28日の空

体調は今ひとつ、宇宙旅行への三半規管の鍛錬は目眩付き歩行にとどめ公園に行かない。
散歩そのものが体力強化を目指すものではあるがブランコに乗らぬとなると気分も乗らぬ。
チョココロネ探しを本日の目的とする。自費購入を試みて味わおうではないか。
チョココロネをくるくる解きながら食らおうではないか。チョコクリームをこぼすことなく。

張り切って数軒の店に寄ってみるがチョココロネはなかった。
パピコ有りのポッキー無し、或いはその逆、若しくは両方有り、両方無し
組み合わせは自由!と見せかけてパピコとポッキーばかり、チョココロネはどこにもない。
パン食うに問われるまで存在を忘れていた者の前には簡単に現れぬと言うことか。

28日のブラ下がりモノチョココロネを置く店はなく

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず

デニムパンツは確認できず、Bellamyの真似も省略。

ド田舎には何もない。

どこからか奇声が聞こえるが今更遅い。

疾うに不貞腐れてるから。様々なことがどうでもよくなってるから。

どうでも...よくないか。何かブラ下がっている。

黄色いバイクの近く、ピンク色の何か。



ほしい方はおもち下さいとあるが、何だかわからず
ほしいかどうか不明につき、持ち帰らず。

食べ物? 何?

帰宅。6km/hで3km弱、上出来。チョココロネ、どこ!
コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

遅い自転車、見つからぬチョココロネ、掃除に紛れてジャンプ。 [宇宙旅行への道]

午前6時20分、散歩に出る。久々に青空が広がっている。浮かぶ雲は白く美しい。
前を行く自転車に乗るひとは良くてバンデラス、悪くするとセーガルという後姿。
追いついてしまったので確認すると顔はティム・ロビンスな予想外、チャリンコ・ガイ。
何故、徒歩で自転車に追いつくかと言えば、どこの坂を来たのか知らぬが低速ギアで
漕いでも漕いでも車輪は空回り、止まっているよりは、やや前進という速度のためである。

27日の太陽

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
百日紅に挨拶、公園を出る。

行きも帰りもパン食うに会わない。パン食うは2度と現れないのかもしれぬ。
ならば自費購入と、いつの間にか食す気になっており、目前のコンビニでチョココロネを物色。
探しても見つからぬので店員に訊ねると、ここ暫く取り扱っていないとの返答。
あまり売れぬし、潰してチョコを押し出されるしと信憑性のある情報も添えられるのだった。
ついでに調べると、その店にパピコはあるが、ポッキーはなかった。
パン食うはチョココロネとポッキーをどこで調達していたのだろう。

植え込みに大麻も鳥兜も見つからぬが、あちこちにエンジェルストランペットが咲いている。
毒性があり、華岡青洲が麻酔薬をつくるのに用いたと聞くが数が多く見つけても感動はない。
デニムパンツは退色しつつ干され続けている。ポケットからいくつもの解れた糸を覗かせて。

Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ3回。身を潜める感じで。
練習場所を掃除をするひとがいて、ギターにするからホウキを貸してとも言い難い雰囲気。
好んで掃除をしているのではないらしく酷く不機嫌な顔を見せる。
下向きになった隙をみてジャンプ。気付かれなかったと安堵した途端飛びたくなり、計3回。

27日の空

帰宅。6km/hで4km、上出来。少しだけ怠い!
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

褒めるご隠居とビリビリの店主。 [宇宙旅行への道]

午前6時、散歩に出る。空は薄い灰色で、時折、吹く風が霧雨を運ぶ。
傘を持たぬ私は風を避けながら歩く。

過日、一度だけ会った、ご隠居と再会。挨拶を交わすと会うのは二度目の筈なのに
「毎日エライな、根性がある。うん、頑張り屋だ」などと褒められる。
「全然」とか「楽しいです」と答え「感心、感心、気を付けて行きなさい」と見送られる。
ご隠居はいたが、パン食うは今日も見つからない。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
水滴で重みの増した枝を垂れる百日紅に挨拶、誰もいない公園を出る。

早朝営業、客足の伸びる気のせぬラーメン屋前の電柱に「金貸します」と大きな貼り紙がある。
小さな食堂を挟んだ両側にラーメン屋という立地は相乗効果を生むのか熾烈な争いがあるのか
などと考えていると、眼光の鋭い店主が店から出て来て貼り紙を破り捨てるのだった。
私が貼った訳では無いが、それを見たことさえ、罪であったような気がする。

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、デニムパンツは雨に濡れながら干され続けている。
Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ3回。取り敢えずやっとけてな感じで。
帰宅。6km/hで4km、上出来。熱、上がりも下がりもせず!
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

役立たぬ傘、ハンドル切る新聞配達、客見かけぬラーメン屋。 [宇宙旅行への道]

午前6時前、散歩に出る。雨が降っており空気は冷たい。傘を差して歩く。
何故か傘を回してしまい、海老一染之助か何かのつもりかと自問するが急須は回さない。
コマも回さない。傘の柄を回すのみである。傘はともかく急須やコマを持ち歩く習慣がない。
持ち歩いてさえいれば回せるのかという話は別にして。

新聞配達とはどのようなひとがしているのか詳細を知らぬが年間を通し早朝の風雨諸々に耐え
大変な仕事という印象がある。しかし、今朝、目にしたのは少しばかり勝手の違う風景だった。
バイトの主婦という感じの女性による2000ccクラスの乗用車を使っての新聞配達だ。
カッパを着込んでいるのが若干慣れた雰囲気を醸し、荒天時の決まりごとに見える。
乗用車で配達したところで届けば何の問題もない筈であるが、何か夢が壊れた気がしてしまう。
嘘はどこにも無いのに人力車が人力でなかったような風車が風力で回っていなかったような。

食えなくなったときにはなどと計算高いことを考えていたせいか、パン食うが見つからない。
もしかすると雨を避けるため居場所を移したのかもしれぬ、明日に期待。って明日も雨っぽい。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
放り投げた傘に出来た小さな水溜りを遠心力でと、また傘を回す。百日紅に挨拶、公園を出る。

暑い盛りであっても、この時間帯から開店しているラーメン屋。
需要があってのことと想像したが、暑いときも、寒くなっても客がいるのを見ない。
ラーメンの匂いが客集めを試みるも人通りが少なく、店主の往来を眺める眼光は鋭い。
眼光よりも経営戦略などに鋭敏になってみてはどうかと思う。

25日のびしょ濡れパンツ

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、デニムパンツは雨に濡れながら吊るされ続けている。
Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ3回。スキップと大して変わらぬ感じで。
帰宅。6km/hで4km、上出来。傘、役に立たず、ずぶ濡れ!
コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

寒い朝の熱い会話に騒音人間と猫相の悪い猫。 [宇宙旅行への道]

午前6時、散歩に出る。曇っており、青の欠片もない陰気な空が広がる。
風は冷たく、長袖の二枚重ね。知らぬ間に「さみー」とか口走っているのだが
それをかき消すように後方から大声が聞こえる。

振り返っても小さな人影が見えるだけで200m以上離れているように思う。
それでも声だけは耳に届いて「だと、コノヤロー」とか「殺されてーか、テメエ」とか
土曜の朝から何?って感じの会話内容なのだった。

土曜日は休みなのか、時間がズレたのか、パン食うに出会うことはなかった。
休日の朝は何を食べているのだろうかと気にしてみようと頑張るが気にならない。

吊るされる玉葱

今月の始まりにはリッター180円だったレギュラーガソリンが
178円に値下がりし、今朝見ると176円になっていた。それでも、まだ、高い。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
百日紅に挨拶し、公園を出る。

8ナンバー登録のためにクルマに不釣合いなスピーカを積むというのが横行したように思う。
順番はわからぬがビッグスクーター、原チャリ、原チャリがいいならチャリンコもって感じに
スピーカ搭載ってことが珍しいことでもなく浸透しているようである。
スピーカがあれば鳴らしてみたくなるのが人情ってやつなのか車両形態とは無関係に
音量を競い合うように他人には騒音でしかない音を撒きながら走るそれらを見かける。

ついにここまでと思ったのはスピーカ人間でシャツの左右のポケットにスピーカが仕込まれ
そこから案外大きな音で音楽が流れてくるのである。音源がラジオか何かなのか音楽の合間に
ニュースらしきものが読まれたりして音量と内容に噛み合わぬ印象を受ける。
内容がどうであっても両ポケットにスピーカというのは日常生活に溶け込む気はしない。

久々に猫語。垣根越しではあるが、結構通じた感あり、カメラ目線。猫相は悪いけども。
屋根の上の猫

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、デニムパンツは干され続けている。
Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ3回。「そっくり!」と励ましてみたり。
帰宅。6km/hで4km。上出来!
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の気配にパグの群れ、秘密の合図と雨降らぬビニイル傘。 [宇宙旅行への道]

午前5時45分、散歩に出る。よく眠れたせいか、体調も気分もいい。
至近のコンビニでクリームではない氷菓子は入荷せぬなどと言うのを聞いて早計なと思ったが
吹く風は寒いくらいで氷をガリガリ齧る時季ではなくなりつつあるようだ。

22日の太陽

似た者夫婦とか犬は飼い主に似るとか聞くがその二つを具現する四つの生命体。
四人が四人ともパグに見えるのであるが、実際のパグは全体の半分である。
大きさの違いと服装でどうにか判別できるものの誰もがどうにもパグなのであって
犬の散歩というよりはパグの小さな群れの移動という感じがするのだった。

パン食うは今日もチョココロネを勧めてくれたが、続くのはパピコではなくポッキーである。
まさか、パン食うで季節の移り変わりを感じるとは思いもしなかったが
確かにポッキーらしき箱を持ち、揺らしてカタカタと音を立てるのだった。
品揃えは変えても、甘いもので攻める姿勢と猫背で塀によりかかる姿勢に変わりない。
私も断る姿勢を崩すつもりはなく「パン食わない、ポッキー食わない」と足早に通過。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
百日紅に挨拶し、公園を出る。

22日のデニムパンツ

一軒の家から夫婦らしきひとが出て来て自宅の塀か何かを眺めている。修理でも必要なのか。
と隣家から女性の運転するクルマが道へ出て走り出す。瞬間、先の夫婦らしきひとの夫風が
片手だけ腰に回し、隣家女性のクルマに手を振る。クルマはハザードをカチと点灯させた。
妻風は塀だけ気にしており何も見ていない。夫風は私に気付くと腰をさすり伸びをして見せる。
何か知らぬが、私が考えても仕方ないことであるし、気遣いは無用なのである。

雨水溜まるビニイル傘柵にぶら提げられたビニイル傘に
雨水が溜まっている。
重さに気付かず
持ち上げるとき一滴も溢さず
傘を開くと雨なんて奇跡の瞬間は
百年待っても無さそうで
何のために水を溜めているのか。

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず
デニムパンツは干され続けている。
Bellamyの真似は
ギターを持って歩きながらジャンプ3回。
昨日より多めに飛んでみました!
帰宅。6km/hで4km。上出来!
ちょっとパンが食いたかったり。
コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

茶色い自転車乗り、パン食う、咥え煙草の気怠い男たち。 [宇宙旅行への道]

午前6時15分、散歩に出る。体調は万全とは言えぬが何もせぬよりは何かしたい気分。
歩くだけというのは気楽でいい。

21日の太陽

しかし、歩くだけで済まぬのは外界にはさまざまなひとがいるからである。全身茶色とか。
気付いたときに2度見、すれ違って3度見、3度目のときは既にガン見状態であった。
自転車に乗ったそのひとは何から何まで茶色い。自転車以外の全てが茶色い。
カゴと後ろの荷台に乗せたコーヒー豆の袋のような荷物、髪、肌の色、着衣上下、サンダル
濃淡はあるがそれら全てが茶色い。書いてしまうと何でもなくなるが、巨大なアブラゼミが
巨大などんぐりを自転車で運ぶといった雰囲気で一瞬どこかへ迷い込んだ気がするのである。
今、思えば、後姿くらい写真に撮るべきであった。多少、逆戻りではあっても。

チ ッ ク リ

パン食うは今日も地面に座って、だらりと塀に寄りかかり何かを食べながら言う。
「ねえ、腹減ってる?パンあるよ、ねえ、パン食う?ねえ、ねえ!パン食う!食いなよ!
パンはパンでもチョココロネ、パピコもあるよ」と既に聞いた台詞を言う。
「腹減ってない、パン食わない、パピコも食わない」と答えた。
夏休みが終わったらしいアミイゴのコンビニ前早朝酒盛りが消えた頃、パン食うは現れた。
パンとパピコで腹を満たし、どこかへ働きに行くのだろうか。分け前を与えたがるのは何故か。
確かめたいことはいくつかあるが、3度会っただけで、未だ彼の人物像を掴んでいない。
「パン食う?」と訊かれない或いは直立された場合、認識できる自信はなく
見た目すらそんな具合なので、善人かどうか、危険人物かどうかに至っては見当もつかない。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
百日紅に挨拶し、公園を出る。

二十代と思しき咥え煙草の男は皆が皆、一様に気怠るさを過度なまでに演出するのは何故か。
路上駐車したクルマから降り郵便ポストに郵便物を投函するだけで
横断歩道で信号待ちをするだけで、コンビニから出てきて駐車したクルマに乗り込むだけで
嘆息したり、髪をかき上げたり、空を仰いだり、肩をすくめたりするのである。
どこか遠くから彼主演のドラマを撮影するカメラが存在するかのように。

ビーチサンダルの木

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、アボカドは消え、デニムパンツは干され続けている。
Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ2回。割といい気分!って感じに。
帰宅。6km/hで4km。上出来!胃薬と鎮痛剤、効果発揮。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ご隠居不在、パン食うと再会、サイ発見で第二のご隠居。 [宇宙旅行への道]

午前5時50分、散歩に出る。胃痛と目眩がするが行く行かぬを迷うより行かれる場所を目指す。
呼吸が浅くならぬよう胃から臍の辺りに手を置き確認しながら歩く。

20日の太陽

ご隠居はいなかったがパン食うはいた。地面に座り塀に寄りかかる男が何かを食べながら言う。
「よお、腹減ってんの?パンあるよ、ねえ、パン食う?ねえ、遠慮すんなよ!パン食う!」
首を横に振りながら歩き続けると前回同様「パン、つってもチョココロネだよ」と続き
更には「パピコもあるよ」と品揃えの豊富さを誇られたりするのだった。
「パン食わない、パピコも食わない」と答え通り過ぎた。
私の数m先を骨と皮という風情のひとがダボつくズボンをサスペンダーで吊って歩いており
彼にこそパンをと思うのだが、私の顔に空腹の相でも出ているのかパン食うは私にだけ訊く。
実際、空腹でないこともなかった。「腹減ってない」と言わなかったのはそのためである。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
満開の百日紅に挨拶し、公園を出る。

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、デニムパンツは落ち着きを取り戻し干され続けている。
しかし、アボカドはケースごと消え、台の上にはミントの鉢だけ置かれていた。
栽培を諦めたのか一晩でジャックと豆の木級の成長を遂げ収穫されたのかわからない。

Bellamyの真似はギターを持って歩きながらジャンプ2回。終えたら天を指差すポーズ。
んー、少しも似てこない。ま、いっか。自宅へと曲がる角を曲がらず直進する。
民家の庭に、サイ!縁側に先日のご隠居のようなひとが腰掛けている。
「おはようございます、サイの写真撮ってもいいですか」と訊くと
「どの、サイ?」とか他にもサイがいるのかって返事。「そこの」と答えると了承してくれた。
「こんなの面白いかい?」「珍しいです」「ほー、こんなのが」って珍しくないのだろうか。
庭にサイなんて見たのは今日が初めてで、聞いたことは一度もない。
今まで誰も疑問を持つひとがいなかったことが私には却って不思議なくらいだ。

結構デカイ サイ

サイの顔

帰宅。6km/hで6km。上出来!胃痛と目眩に頭痛と吐き気、合流。
コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

パン食わない、デニパンNG、茄子茄子胡瓜象空き巣。 [宇宙旅行への道]

午前6時、散歩に出る。先日、散歩中に体調を崩しており、やや緊張。
前進することに集中するが、一日空けたせいか少し息苦しい。
胃から臍の辺りに触れ空気が取り込まれているのを確認しながら歩く。

18日の太陽

どこからか「おはよう!」と声がかかる。前方にご隠居とでも呼びたい雰囲気のひと。
挨拶を返すと「気をつけて行って来なさい!危ないからね!」と続くのだった。
「わかりました!気をつけます!」と言ってはみたが確かに安全とは言えぬ地域だったりする。

30メートルも進むと地面に座り塀に寄りかかる男性が見えた。何かを食べているようだった。
私は無意識に胃に手をやり呼吸を確認していたのであるが、それを合図と思ったのかもしれぬ。
「ねえ、腹減ってんの?パンあるよ、パン食う?ねえ、パン食う?ねえ、ねえ!パン食う!」
って返事挟む隙間も無いって。「腹減ってない、パン食わない」と答えた。
「パン、つってもチョココロネだよ」と通り過ぎても背後から親切な申し出は続いた。

交番に殉職警官の後釜見当たらず。公園にて宇宙旅行に備え三半規管の鍛錬。
キノコ、右左20回転ずつ。ブランコを200回漕ぎ、余力で50回揺られ、水分補給。
百日紅に挨拶し、公園を出る。

植え込みに大麻も鳥兜も見つからず、アボカドに目立つ変化はなく
デニムパンツは何も無いほうがマシな小細工に悩みながら退色、干され続けている。
事情を知る者によれば昨日の雨でデニムのガムテが流されてしまい用意の鼻が加えられず
プランBの採用で茶を濁すつもりが茶を濁すにも至らぬ仕上がり具合
剥がそうと思ったときには、あまりに多くの目撃者の注目を集めており今後の活動は危うく
更には目撃者が柵の中にもおり、デニムが片付けられる可能性もあるらしい。

18日のデニム 失敗例プランB

時々見かけるが何だろうと写真に収める。私の生活とは無縁で詳細を知らない。
棒の刺さった茄子と胡瓜は単に棒の刺さった茄子と胡瓜ではなく、茄子は牛、胡瓜は馬らしい。
そう言われればそんな気もするが、言われなければ、やはり棒の刺さった茄子と胡瓜である。

茄子牛、胡瓜馬

Bellamyの真似はギターを持って回転してジャンプ1回。ちょっと楽しいよねって感じに。
少し息苦しくなり目眩がしたものの特別変わったひとに会うこともなく気分がいい。
自宅へと曲がる角を曲がらず直進してみる。

象!耳がデカくて、鼻が長く、やたら青いゾウ!

象

アーンド茄子!ご自由にお持ち下さいとか書いてある。

茄子

18aug2008-6.jpgそして、標語!
カギをかけて
安心するな
空き巣がそっと狙っている

カギをかけても
安心するな
空き巣がそっと狙っている

「も」あるヴァージョンとないヴァージョン。
配置は自由。

帰宅。6km/hで5km。
上出来!茄子、2個貰った!
コメント(10) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 宇宙旅行への道 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。