So-net無料ブログ作成
町田さん ブログトップ
前の10件 | -

冷たいものは飲めないの/過去記事隙間三行 [町田さん]

Tuesday ,28th February 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

過去記事が出てきた。
猪突な馬鹿っぷりが痛々しくて愛おしい。
馬鹿の生まれ落ちた日記念にて再掲。

2013-03-31 11:35 更新 398日遅れ

■冷たいものは飲めないのの巻 28/MAR/2004

町田さんのライヴに初めて行く。
やはり日帰りは無理な体調でホテルを予約、
愛車「みかん」に乗って吉祥寺へゴーゴー。
なんて言いながら今にも吐きそうで泣きそうな緊張感。
ホテルに着くと薬を飲むための食事を確保に外出するも
ものの2、3分で緊張感で目眩。

目の前にあったカーネルおじさんのお店に突入。
適当に買い込んで、ホテルの部屋にお持ち込み。
私が瀕死の白鳥だってのに同居人は「フライドフィッシュにソースがねえ」とか
至って暢気っていうか、元気っていうか、少し黙ってろっていうか。
瀕死の白鳥もチキンの入ったサンドウィッチとか共食いしてんだけど。
あくまでも薬飲むための手順として。
薬を飲んだら体力復活を図って、目覚ましかけて午睡した。
主に同居人が「ガーガー」とアヒルみたいに。
私は取り敢えず寝転がって持参の本を開いたり天井眺めたり
目を閉じて誰に対してだか不明な眠った振りをしたり。

部屋を出たのは開場時間を随分過ぎてからのこと。
多分、というより絶対大丈夫と思うのだけど万一の嘔吐が心配。
途中のコンビニでハンカチ一枚購入。「シールで良いですか?」
普段なら良いけど「袋に入れて下さい。」にさせて貰う。
エチケット袋が欲しいのに
その袋をいただかないとハンカチ買った意味がない。

スターパインズカフェに着いたのは午後7時前後。
ドリンクに困る、冷たいものは飲めないから。
けど裏メニューでぐり茶或いは凍頂烏龍茶ホットなんてないみたい。
仕方なくジンジャエールを頼む。持ってるだけで寒い。

ズボンズが始まる頃、私と同居人は前から4、5列目に立っていた。
客は楽しみに来ているのだから良いのだけど
聴きたい見たいというよりは騒ぎたいが勝っている感じで
少なくとも4、5列目前後では町田さん狙いの私のほうが
彼らよりよほど真剣にズボンズを聴いていた気がした。
と足の指に激痛。ピンヒール女に足を踏まれた。
知ってて知らぬふりの彼女に「足、踏んでるんだけど!!」と言うと
「騒ぎたくないなら後に行って」
ちゃんと耳元で大声で言っているのに日本語が通じない。
ジンジャエールのグラス持ってたら、氷ごと、頭から浴びせるとこだよ。
仕方ないから足踏み返して、戻す踵でスネ蹴りしてみた。
日本語は苦手でも力技は通じたみたいで私から離れて行く。

ズボンズが終ると
私と同居人は前から3列目くらい中央からやや右寄りに移動。
こんな近くで町田さんがと思うと緊張は高まる一方。
耐え切れずピルケースから薬を取り出し水無しで飲む。
セッティングにかなりの時間を要した後、いよいよ町田さん登場。
酷い緊張が何故か一気にほぐれて、周囲の空気も変わっている。
静寂というのではないのだけど、一言も一音も聴き逃したくないというような。
うしろから押されて苦しいということもなくて、集中できて有り難い。

町田さんは風邪を召されいてたようだけど
それを感じさせる様子は微塵もなくて
始めから終りまで聴かせて見せて楽しませてくれた。
緊張の一部には町田さんが私の思っているようなひとではなかったら
好きなひとに失望したくないという気持ちがあったかもしれない。
でも、もう、そういう心配は一切なくてライヴが終ると同居人とふたり
夜風の冷たい吉祥寺の街を手を繋いで走って帰った。
ソースのない冷えたフライドフィッシュを残した部屋に。
書いた日:5/MAY/2004

町田康・新ユニット「吉祥寺 REAL ROCK」 吉祥寺SPC

町田康様(歌、ギター)・内藤幸也(ギター)・西村雄介(ベース)・ロジャー高橋(ドラム)

セットリスト
01:夫婦茶碗
02:すっぽん〇(尻の穴)
03:昔の話ばっかりしてる奴
04:頭が腐る
05:朝日がポン
06:自己紹介
07:ダラダラ
08:無職の夕べ
09:パンクロッカー
10:グローリア
11:今日やった奴
12:退屈なレイニー
13:ガラスの動物園(アンコール)

++物販++
ミラクルヤングCD『ミラクルヤング』、ミラクルヤングのTシャツ

犬とチャーハンのすきま

犬とチャーハンのすきま

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2010/04/28
  • メディア: CD



共通テーマ:日記・雑感

パン喰って腹鼓打って。 [町田さん]

Friday , 22nd October 2010  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

 今、死なせてください。

このうえなく幸せな日がやって来て
私は猫をかぶる。 2011-10-10 23:15 更新

共通テーマ:日記・雑感

腹と背中がつかずとも。 [町田さん]

Tuesday , 8th June 2010  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

町田さんのサイン会へ行く。
新刊が発行されてもサイン会のないことが続き
もう、サイン会ではお目にかかれぬものと覚悟していた。
町田さんは読者の思惑なんて雑事から
解放されるべきと感じてもいて。

しかし、サイン会は開かれ
そうとなれば私は、何が何でも馳せ参じるのである。
右手右足、左手左足を組みで交互に出す難波歩き
ぜんまい仕掛けよりずっとぎこちないガチガチの緊張具合で。
犬とチャーハンのすきまの発表がどれほど嬉しかったか
是非お伝えしたいなどと円滑な会話を頭に描きながら
「こんにちは、お願いします」「どうもありがとうございました」
必要最小限のことを申し上げるのが精いっぱいで。

当然のことながら私がどうあろうと町田さんは町田さんで
その声も振る舞いも黒のジャケットも何もかもが実にクウル。
クルクルパアの私は握手の瞬間の即死を心底願いつつ
十五分経つと夕食を購入していたりする。

どうしてもこうしても生きていれば腹は減る。 2010-08-11 00:40 更新

整理される券。

あなたにあえてよかった―テースト・オブ・苦虫〈8〉

あなたにあえてよかった―テースト・オブ・苦虫〈8〉

  • 作者: 町田 康
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本


共通テーマ:日記・雑感

町田康 / 犬とチャーハンのすきま [町田さん]

Saturday , 8th May 2010 gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

ひとは同じところにとどまらぬのだ。
強く強く、そう思う。
非常にいい意味で。

01. 頭が腐る
02. 俺はいい人
03. 饂飩出汁
04. 頭のなかの青い海
05. うどんのなかの世界
06. なんで?
07. 道端のおっさん
08. ひとり盆踊り
09. あなたの終局
10. 爛漫
11. あなたにあえてよかった
12. I am full.

AxSxE : Gt / 石橋英子 : Key / 恒岡章 : Dr / 赤坂ミチル : Ba

聴かずに死ぬのか、あんた。いい覚悟してるな。

犬とチャーハンのすきま

犬とチャーハンのすきま

  • アーティスト: 町田康
  • メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2010/04/28
  • メディア: CD
2010-07-11 21:15 更新

音楽活動について



共通テーマ:音楽

真説・外道の潮騒 / 町田 康 [町田さん]

真説・外道の潮騒

真説・外道の潮騒

  • 作者: 町田 康
  • 出版社: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/10/31
  • メディア: 単行本

何を迷うかと言えば、サイン会までに読むか読まぬかってことで、今はまだ読んでいない。
早く読みたいとは思うが、まっさらな本にご署名いただいてからというのも捨て難い。
出来るだけ我慢してみたいと思う。
gremz 21世紀環境立国戦略って、何か物々しい。

共通テーマ:

破滅の石だたみ / 町田康 [町田さん]

破滅の石だたみ

破滅の石だたみ

  • 作者: 町田 康
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2008/05/30
  • メディア: 単行本

ひとがどう言うか知らないが町田さんは私にとって最高の作家である。
良さがわからないひとにはわかってもらわなくていい。
私だけが読むから放っておけと思う。
しかし、それでは町田さんの生活が心配だ。
ある程度の読者は必要で読まずとも購入されなくてはまずい。
見込みのありそうなひとであれば読んでみないのは惜しい。
読まないのは惜しいが読まないにしても買っておくといい。
町田さんの生活の安定につながるかもしれず
買ったひとの心の安定につながるかもしれない。
「破滅の石だたみ」は随筆で小説より入りやすい。
町田さんがどれほどのひとか知るには向いている。
町田さんを「フォトグラフール」で評価するのは誤りである。

ま、実際は評価なんてどうでもいい。
明日、私は町田さんにお目にかかる。それが、重要。
コメント(2) 
共通テーマ:

パンク侍、斬られて候 / 町田康 [町田さん]

パンク侍、斬られて候

パンク侍、斬られて候

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/03/18
  • メディア: 単行本
■長篇・三省堂ひとり相撲の巻き 18/MAR/2004 : サイン会整理券を手に入れるまで

電話の応対が良かったから
そんな理由で町田さんのサイン会は三省堂を選んだ。
何時から並べば良いのか見当がつかず前泊したのは山の上ホテル。
「サイン会の整理券を貰うため早朝出入りする」と断っておいた。
目が覚めると落ち着かず、そんな時間に誰がと思う一方で
せっかく前泊して整理券を貰えなかったら等と迷いは尽きない。
迷うなら行ってしまおうと無理やり同行者を起こして五時四十分にホテルを出る。
事情を話してあるフロントは励ますように「行ってらっしゃいませ!」と
早朝から元気が良く、私も気分が良い。

書店に着くとそれらしきひとは見当たらない。これは一番乗りってやつですよ。
少々、浮かれる。
後、もしかしてここは違う場所では?と心配になり書店の周りを巡回。
やはり、三か所も出入り口があるではないか。
ひとつの小さいとこはまあ無視するとして、もう一か所は油断ならない。
あとから来たひとに一番乗りを称されても適わない。注意せねば。
十分置きくらいに同行者と交代で巡回。
それにしても誰も来ない。
新聞配達と路上生活者風のひとがこちらを不審そうに観察するばかり。
七時を過ぎた頃だろうか
巡回から戻った同行者があっちの出入り口に数人発見との情報をもたらす。
「君はここを守っていてくれ」と申しつけ「あっちの出入り口」に行ってみる。
確かに二人の男がいる。
ひとりは何だか知らないがひとりでにやにや笑い心持ち酩酊した感じ
もうひとりは背負い袋紙袋ウエストポーチ。
何故はじめからそう攻撃的なところから考えるのかと思うが
体格もいいし何笑ってるのか不明だしアブなそうなのはにやにや笑いで
袋持ちを先に攻めてもにやにや笑いが加勢して強気になる可能性もある。
にやにや笑いを先に攻めて手懐ければ袋持ちは落としたも同然と判断
にやにや笑いの前に一直線で進み出る。
「あなた、パンク侍のひと?」って私にしてみれば普通の質問のつもりだったが
相手の慌て具合からするとあまり普通ではなかったようで
一瞬でにやにや笑いが消え
彼の後ろには植え込みしかないのを知っている筈なのに
植え込みを探って自分が言われているのか確かめる始末。
やはり自分が聞かれているのだと解って「え、オレ?」と聞き返す。
「そう、あなた、パンク侍?」「違いますけど」
そのあとも何人かに同じことを聞いたけど怖がられるっていうか気の毒がられるっていうか
私は「あなたは『パンク侍斬られて候』を買いに来ているのですか」
と言ったつもりなんだけど相手には全然通じてなかった。
世の中ってそんな具合か。

八時を過ぎても誰も来なくて防寒具の類が邪魔となる。
それらを部屋に置いてくるため同行者に留守を頼み一度ホテルに戻る。
「いかがでございますか?」フロントで聞かれるけど誰も来てないなんて言って
町田さんの評判を落としても困るので「どうにかっ!」とか返答。
ホテルから戻っても書店前には誰も来てなかった。
どうも張り切り過ぎたと思うが部屋でそわそわしてるよりうんと良い。
ましてや一番乗りなんて、あはは笑いが止まんないって、それは少し事実から逸れる。
九時を過ぎた頃、二番手がやって来た。奇麗な女性。
ようやく仲間が来たのだと「あなた、パンク侍のひと?」と聞くと否定される。
じゃあ何のひとなのさ?と思っていると
「今日、町田康のサイン会の券配るんですよね?」とか聞いてくる。
書名も知らずに来たのか、そして呼び捨てかと無言でいると同行者が軽く頷く。
奇麗な女性はそれがわかると鞄から剥き甘栗を取り出し袋を破り
空を仰ぎながら甘栗を食べ続けた。時々、携帯で誰かに連絡取りながら。
その次に来たのは落ち着きの無い男女ふたり組。
一瞬も同じ場所に立っていられないというように動き回ってくれて賑やか。
その次に来たのは文学少女風。
携帯のカメラで懸命に三省堂前で待つ自分の写真を撮っている。
彼女のカメラには「XXの私」「OOの私」って私写真ばかり写っていそう。
勝手な想像だけども。
その次に来たのはやたら内気な印象の少年。
並んだかと思うと消えて消えたかと思うと戻ってきてって感じ。
とにかく私も含めてはじめの間は奇人・変人大会っぽかった列には
開店時間が近づくときちんとした大人みたいなひとも並んだりしていた。

整理券は同行者と合わせて四枚入手
四時間二十分も何かを待つことが私にできると知り
そんなに前から並ばなくても大丈夫らしいこともわかり
何よりひとつひとつのできごとが面白かった。
手にしたのは整理券と本であるが得たものは他にもある。
書いた日 :4/MAY/2004 修正 :14/APR/2008

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫


共通テーマ:

告白 / 町田 康 [町田さん]

告白

告白

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2005/03/25
  • メディア: 単行本
世間知らずで脳の使用に余裕があり吸収率の高さを誇る。
しかしながら吸収するものの選択が微妙で余計なことばかり記憶しがち
見過ごしたり、捨てたりしたもののほうに大切な意味があったりしそうである。
本は再び頁を開くことができるので
ああ、そうだったかと気付いたりして使い捨てにならぬところが良い。
笑うことのできるものを好むがそうでないものも読む。

告白するとこの本はハードカバー二冊を所有
文庫化記念に一冊を購入。
告白 (中公文庫 ま 35-2)

告白 (中公文庫 ま 35-2)

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫


共通テーマ:日記・雑感

フォトグラフール / 町田康 [町田さん]


フォトグラフール

フォトグラフール

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/02/15
  • メディア: 単行本


10日発売とされていたが恒例ともいうべきサイン会の告知はなく
現物もなかなか書店に現れない。
講談社に問い合わせると21日発売との返答を得る。
この本に関して特別な催事はなかったようだが
「告白」文庫版出版記念イベントの開催を知る。
知人に大阪で開かれるらしいことや
「河内家菊水丸師匠」とのトークショーであるらしいことを伝えた。
「河内家菊水丸て師匠か?」と問われ
大抵の芸人のひとは師匠で構わないのではといったことを述べると
「正蔵も?」などと念を押され「いえ、彼はこぶ平です」と降参する。
「生涯一こぶ平」なぜか私の周囲では決定事項のようになっている。
さほど思い出す機会はなく話題にもせぬので気を悪くされないよう願う。

共通テーマ:

土間の四十八滝 [町田さん]

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)

土間の四十八滝 (ハルキ文庫)

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫
適当に開いた頁を声に出して読む。
世界が急変したような気分になったり
見えなかったものが見えるようになった気分になったり
破天荒な人間になったような気分になったりする。
時間はいつでも構わぬのだけども
家人のいないときを選ぶ。
気後れするのか邪魔されたくないのか何だか知らないけれど。

土間の四十八滝

土間の四十八滝

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本


共通テーマ:
前の10件 | - 町田さん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。