So-net無料ブログ作成
検索選択

冷たいものは飲めないの/過去記事隙間三行 [町田さん]

Tuesday ,28th February 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

過去記事が出てきた。
猪突な馬鹿っぷりが痛々しくて愛おしい。
馬鹿の生まれ落ちた日記念にて再掲。

2013-03-31 11:35 更新 398日遅れ

■冷たいものは飲めないのの巻 28/MAR/2004

町田さんのライヴに初めて行く。
やはり日帰りは無理な体調でホテルを予約、
愛車「みかん」に乗って吉祥寺へゴーゴー。
なんて言いながら今にも吐きそうで泣きそうな緊張感。
ホテルに着くと薬を飲むための食事を確保に外出するも
ものの2、3分で緊張感で目眩。

目の前にあったカーネルおじさんのお店に突入。
適当に買い込んで、ホテルの部屋にお持ち込み。
私が瀕死の白鳥だってのに同居人は「フライドフィッシュにソースがねえ」とか
至って暢気っていうか、元気っていうか、少し黙ってろっていうか。
瀕死の白鳥もチキンの入ったサンドウィッチとか共食いしてんだけど。
あくまでも薬飲むための手順として。
薬を飲んだら体力復活を図って、目覚ましかけて午睡した。
主に同居人が「ガーガー」とアヒルみたいに。
私は取り敢えず寝転がって持参の本を開いたり天井眺めたり
目を閉じて誰に対してだか不明な眠った振りをしたり。

部屋を出たのは開場時間を随分過ぎてからのこと。
多分、というより絶対大丈夫と思うのだけど万一の嘔吐が心配。
途中のコンビニでハンカチ一枚購入。「シールで良いですか?」
普段なら良いけど「袋に入れて下さい。」にさせて貰う。
エチケット袋が欲しいのに
その袋をいただかないとハンカチ買った意味がない。

スターパインズカフェに着いたのは午後7時前後。
ドリンクに困る、冷たいものは飲めないから。
けど裏メニューでぐり茶或いは凍頂烏龍茶ホットなんてないみたい。
仕方なくジンジャエールを頼む。持ってるだけで寒い。

ズボンズが始まる頃、私と同居人は前から4、5列目に立っていた。
客は楽しみに来ているのだから良いのだけど
聴きたい見たいというよりは騒ぎたいが勝っている感じで
少なくとも4、5列目前後では町田さん狙いの私のほうが
彼らよりよほど真剣にズボンズを聴いていた気がした。
と足の指に激痛。ピンヒール女に足を踏まれた。
知ってて知らぬふりの彼女に「足、踏んでるんだけど!!」と言うと
「騒ぎたくないなら後に行って」
ちゃんと耳元で大声で言っているのに日本語が通じない。
ジンジャエールのグラス持ってたら、氷ごと、頭から浴びせるとこだよ。
仕方ないから足踏み返して、戻す踵でスネ蹴りしてみた。
日本語は苦手でも力技は通じたみたいで私から離れて行く。

ズボンズが終ると
私と同居人は前から3列目くらい中央からやや右寄りに移動。
こんな近くで町田さんがと思うと緊張は高まる一方。
耐え切れずピルケースから薬を取り出し水無しで飲む。
セッティングにかなりの時間を要した後、いよいよ町田さん登場。
酷い緊張が何故か一気にほぐれて、周囲の空気も変わっている。
静寂というのではないのだけど、一言も一音も聴き逃したくないというような。
うしろから押されて苦しいということもなくて、集中できて有り難い。

町田さんは風邪を召されいてたようだけど
それを感じさせる様子は微塵もなくて
始めから終りまで聴かせて見せて楽しませてくれた。
緊張の一部には町田さんが私の思っているようなひとではなかったら
好きなひとに失望したくないという気持ちがあったかもしれない。
でも、もう、そういう心配は一切なくてライヴが終ると同居人とふたり
夜風の冷たい吉祥寺の街を手を繋いで走って帰った。
ソースのない冷えたフライドフィッシュを残した部屋に。
書いた日:5/MAY/2004

町田康・新ユニット「吉祥寺 REAL ROCK」 吉祥寺SPC

町田康様(歌、ギター)・内藤幸也(ギター)・西村雄介(ベース)・ロジャー高橋(ドラム)

セットリスト
01:夫婦茶碗
02:すっぽん〇(尻の穴)
03:昔の話ばっかりしてる奴
04:頭が腐る
05:朝日がポン
06:自己紹介
07:ダラダラ
08:無職の夕べ
09:パンクロッカー
10:グローリア
11:今日やった奴
12:退屈なレイニー
13:ガラスの動物園(アンコール)

++物販++
ミラクルヤングCD『ミラクルヤング』、ミラクルヤングのTシャツ

犬とチャーハンのすきま

犬とチャーハンのすきま

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2010/04/28
  • メディア: CD



共通テーマ:日記・雑感

茱萸味のグミ。 [愚]

Tuesday ,31st January 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

いろいろあって犬と暮らし始める。
窓から差す明るい陽の光と加湿器の白い靄に包まれる犬の様は
遠い国の大きな教会の天井絵の気高さで夢を見ているようだが
彼らは生きており拙宅の居間にいて私の家族なのだった。
来た日から病気がち騒々しくても静かでも安心する暇はなく
子ができて知る親心、両親の気持ちが少し分かったような気になる。

彼らを連れてはじめて動物病院へ行きもした。
待合室には犬や猫や人間がいた。
かさこそと虫ほどの足音で部屋の真ん中へ行くのは小さなチワワで
そこに仮設ステージがあるかの振る舞いで待合室の注目を集めてから
りんご三つ分くらいの身体でりんご二つ分に見える糞をした。
脱皮か出産か分身の術かという具合の作品に
驚いて椅子から立ち上がる粗忽者は私ばかりで
目を丸くしながらも明後日を見るなどして平静を装うのが礼儀らしかった。
慣習なんかは知らなくても然程困らない。
犬の糞が体形に比例しないことは知っていて構わない。
知りたいのは犬が過ごしやすく健康に暮らすために何ができるか。

遊ぶこどもが崖から落ちそうになったときに救うひと
ホールデンがそういうひとになりたいと言ったとき
私もそうなりたいと望んだけれど
自身の未熟さを思えば務まる気がしなかった。
気がしなかったが犬と暮らすというのは崖の番人に違いなく
不意に望みは叶い大役を得た。
2013-03-30 10:35 更新 425日遅れ

ちびず+++++> [TV]

17jan2012-143853.jpg

17jan2012-m144305.jpg

タグ: 崖の番人

共通テーマ:日記・雑感

レモネイドのストロを噛んで。 [愚]

Saturday ,31st December 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

十二、三歳の頃。妹と母と私、三人暮らしの家へうさぎが来た。
うさぎが跳ねて勝手に現れた訳ではなく誰かがくれたのだと思う。
経緯はよく憶えていない。
小さくやわらかく目のくりっとした愛らしいうさぎだった。
一緒に暮らすことができたらどんなにか楽しいだろうと思った。

父がいなくなってからの私たちの暮らしは社会保障制度頼りで
身の回りのもの全てを必需と贅沢に分け、贅沢は排除する決まりだった。
うさぎの静かさなら隠れて飼える
くれたひとはそんな思いで連れて来てくれたのかもしれない。

そうは言っても私たちの暮らしには
ケースワーカーや児童相談所員や保健師や近所の口うるさいひとたちなんかが
入れ代わり立ち代わり現れて秘密ひとつを持つにも苦労した。
隠してはおけないし、うさぎはどうしたって私たちには贅沢だ。

結局はヘルパーさんがうさぎを引き受けてくれることになった。
ヘルパーさんは役所の派遣で病身の母に代わり家事を手伝ってくれるひとだ。
大抵の家事は私と妹でこなしたが
成人していないと出来ないことは少なくなく、頼りにしていた。
ヘルパーさんも私たちに親しみを感じてくれていたのか
業務とは関係なしに自宅へ招き
自分のこどもと遊ばせたり手料理を御馳走してくれるのだった。

夫の浮気を知って家を飛び出したときには私たちの家へ来て
「パン屋のやつ!パン屋のやつ!」と泣いたりもした。
彼女のよく行くパン屋の店員が浮気相手だった。
駅前なのよ、駅前のパン屋なのよ」と要らぬ説明もして泣いた。
他の幸せそうなひとの前では泣けぬが私たちなら大丈夫
そういう感じがなくもなかったが何にしても身近なひとではあった。

うさぎの行く先がヘルパーさんの家であれば
全く会えなくなるということもなさそうで妥協案としては最善
そう思っていたが
一週間経たぬうちに誤りだったかもしれないと考えを変える。

それはヘルパーさんから電話があり
うさぎが階段から転がり落ちて死んだと知らされたからで
誰が悪いものでもなく生きていればいつか死ぬのだけど
うさぎと二度と会えなくなったことは確かだし
私の住む小さな平屋に階段はなく転がり落ちようがなかった。

一緒に暮らすことは諦められても、うさぎの命はそう簡単に諦められない。
数日前には元気だったうさぎが死ぬなんて有り得ない気がした。
「嘘でしょう」と言ってみるとヘルパーさんは「ごめんね」と言って
事実は事実、どうしようもなかった。
転がり落ちるうさぎの目に映るものや恐怖心が
自分のうちにも起こり息が苦しくなった。

9月のうさぎ。


いつだって多くの命が失われているのですが
私は生き残った側にいる
そんなことを思う、うさぎ年の年末です。2013-03-25 19:05 更新 451日遅れ

1月の海。

5月のゴミ箱。

9月の夕陽。

タグ:うさぎ 2011-12

共通テーマ:日記・雑感

それより、お茶をどうぞ。 [アリバイ]

Friday ,18th November 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

手袋ねずみの誕生日。そんな日にねずみランドへ行く。
空いているからと言われ連れて行かれるが見え透いている。
どこもひとで溢れていた。
並ばずにできるのは呼吸くらい。
あのねずみたちの、笑みで固まった顔は、何で出来ているのか。
2013-03-22 17:45 更新 491日遅れ

アリスの或いはキチガイ帽子屋の茶会。


共通テーマ:日記・雑感

Happiness is... [愚]

Sunday ,13th November 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

スヌーピーの箱から出したドーナッツをスヌーピーの皿にのせて食べる
スヌーピーの皿は確かコンビニエンスストアで貰ったもので
他にも赤毛のアン、フランダースの犬、ラスカルなどもあるがそれらは使っていない。
箱に入ったまま、まっさらである。
食器がものを思うか知らぬし思うとして何を思うか知ることもできぬが
使われないよりは使われて割れることを望む気がする。
勝手にそう思う。
割れば割ったで大切にしなくてごめんと大抵悲しくなる。
あれこれ擬人化して生きるのをややこしくしているか知れない。
2013-03-22 16:35 更新 496日遅れ

ミスタアドオナツ。


共通テーマ:日記・雑感

細胞の整列。 [愚]

Monday ,31st October 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

同居人がこれまで全く食べなかった納豆を突然食べだす。
混ぜ方すら知らずにいたものを
臭い、でも大丈夫。などと言い山葵を大量に入れて食べる
釣られてみて納豆に山葵がなかなかの美味と知る。2013-03-22 16:30 更新 509日遅れ

大きな干物 カフェオレボウルの茶 米飯 昨夕飯。

突然の変異は何の前触れか。死ぬのか。

共通テーマ:日記・雑感

帽子の買えぬガアデモエン。 [愚]

Saturday ,29th October 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

漁師になりたいとまで言っていた同居人が釣りに行かぬのは
遠出している間に私が救急車で病院送りなんてことがあってからのことで
そうは言わないがきっと私のせいなのだと思う。

富士山と海。

どれだけ荒波の立つ海であろうと船酔いしないのが得意で
乗り合わせたひとびとが倒れ込んでいる脇でゆで卵を食らうなどして
顰蹙を買うお調子者であった。
カニ漁で一攫千金を狙ういたいけな夢想家であった。

船。

同居人の楽しみも夢も奪ってしまったか知れないと思ってみたり
別々の意識を持つ個体が共同体を築くのは苦労がいるもの
二人羽織は前も後ろも大変なのだと開き直ってみたりする。

何にしても私は随分と健康になり同居人を再び海へと送り出した。
かに道楽。2013-03-22 10:50 更新 511日遅れ
かぼちゃ。

メキシコ料理。

パパパンダと息子うさぎ。

さまぁ~ずを辞書登録したが登録したきり使う機会がない。

共通テーマ:日記・雑感

林檎の種は林檎の木になるすべを知っている。 [愚]

Sunday ,21st October 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

勤め人を辞してベーグル屋を始めるというひとがいて
馴染みのベーグル屋なんてものが出来るのかと期待するも
そのサンプル、ご挨拶とやらで貰った焼き菓子
友近の中森明菜以上のボソボソ感が実在することを確認。
ベーグルと製法が違うと言っても馬鹿舌では話にならない。

と偉そうに言う日の夕食はワンピース海賊プレートランチ。
ランチが夕食。ボソボソ。2013-03-21 23:55 更新 518日遅れ

21oct2011-230709.JPG

21oct2011-230816.JPG


共通テーマ:日記・雑感

あいつんちのドイツのガーキン。 [愚]

Sunday , 9th October 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

誘われて余所の家へ行く。
大抵暇だと思われていて呼べば来るものと信じられている。
その期待を裏切る日も来るか知れぬが今ではない。
空腹を抱えて出かけ、ご馳走の並ぶ食卓を挟み
「馬鹿ばっかりで疲れちゃう」らしき仕事の苦労話を聞く。
呼び出したひとの気が晴れるならどうと言うことも無い。
私の腹も満たされる。

「あ、これこれ」とピクルスの入った壜を渡される。
数日前から食べたく思いながら蓋が開かずに困っているらしい。
私にもひとの力になれる日が来たと張り切るがなかなか手強い。
役に立つなんてことが簡単に出来ては役立つうちに入らないさと
内からの熱で自爆しかねぬ力を込めて壜に挑む。
キュル。そんな音がしたかと思うとすぽぽぽぽと蓋が開いた。

大量のきゅうり汁を浴びた。勢い余ってというやつだ。
知己の居間の絨毯にもきゅうり汁はこぼれた。
消臭剤が振り撒かれたがどうにもならない。
私の全く使えぬ感じもどうにもならない。
ファブリーズに圧勝のきゅうり臭い部屋から
ファブリーズに圧勝のきゅうり臭い服を着て帰宅。

地下のプウル カエル男溺れて 溢れ出る水を見ていた2013-03-21 10:35 更新 530日遅れ
おきざりーぬ。


共通テーマ:日記・雑感

砂粒の築く城。 [愚]

Sunday , 18th September 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

ダリア園へダリアを見に行く。
花のひとつひとつに名前がありそれぞれ札に記されている。
品種をつくり出したひとの思いが込められているのだろうか。
にしては、プリンセステンコーのような趣きのものが少なくなく
そこに愛情を読み取るのは難しい。
競走馬ほどではないにしても姿形と不釣り合いな気がする。
次々新商品が作り出されるというカップ麺の名のほうが
余程熱心に考えられているように思う。
何にしても人間が勝手に付けた名がどうあれ
花や馬の気高さは変わらない。幸いである。2013-03-19 11:00 更新 549日遅れ

18sep2011.jpg

18sep2011-122712.jpg

18sep2011-122936.jpg


共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。