So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

武器と楽器と泡だて器 [愚]

Thursday, 19th April 2018

本当にしたかったのは猫の話ではなかった。

とだけ書いて二年が過ぎており
何の話をするつもりでいたのかわからない。
昨秋出掛けたMUSEのライヴが大変素晴らしかったのだけれど
二年前にそうした予定はなく
MUSEの話ではなかったに違いないのにMUSEのことを書くのは
いつもと違っていたから。

大抵何か幸せな感じの出来事があると
もうこれ以上よいことは起こらない
あとは暗く貧しく辛く厳しいことのみ続く、即死せねば。
そんな具合になる。
決まり切ってそうなるからまたそうなるものと思っていたら
ならなかった。

帰ったらMUSEを聴きたい
これまでよりもっともっと聴きたい
楽しく厳かで華やかな一夜から苦しいばかりの現実へ戻っても
MUSEを聴いて日々を過ごそう。
そんな無邪気な私がいた。
私自身が知らずにいた私がいた。
これまでどこに隠れていたのだろう。


付け加えると、ある晩眠れずにいてテレビをつけた。
暗い部屋の壁に画面が反射するのをぼんやり見ていたら
テレビから「宇宙一のバンド」というのが聞こえて
MUSE以外のバンドに軽々しくそんな言葉を使いますかと
テレビを注視したところ
それは正しくMUSE来日公演の広告で
それを見たからどうにかチケットの手配が間に合ったのだった。

これをひとに言うと
MUSEが宇宙一などと誰が決めたのだと叱られたけれど
重要なのは実際に宇宙一かなんてことではなく
宇宙一と思う私に宇宙一という惹句が偶然届いたこと。
その晩、ぐっすり眠っていたなら
私の知らない私は一生出番がなかったかも知れない。



2015年10月12日のメモ
男性女性というのは
弾力性柔軟性信頼性協調性のように傾向を示すもので
二分出来ない。
線の両端に男と女があるとして
中心点からどちらよりかというだけのこと。
線の一方の端が伸びたなら中心点は変わり性傾向も変わる。
では私はどこにいるかというとその線とは交わらぬ
別のところ。

そんな寝言を真面目な顔で書いたのは
自宅を離れた紅葉しつつある木立の見える窓辺の寝台だった。
寝台に添えられた車輪付きの可動式机は
食事にも読書にも
血を抜くための注射針の刺さる腕を伸ばしておくにも使ってよい万能品で
私は一日のうちに何度もそれを除菌シートで拭いた。
拭いてしまうと食器や文具を机の縁に垂直平行となるよう慎重に並べ
食べ物を食べたり残したり本を読んだり日記を書いたりした。

念入りな戸締まりと限られた手荷物と窮屈な規則で
全て見張られている様子があるのに誰からも見放された感じがして
何の糸口もなく悟りを開けと命ぜられた修行僧の心で日々を暮らした。
心づもりはそうであっても修行僧が何をするか知らない。
私はただただ廊下を歩いた。
中庭を囲み四角形を作る廊下を日に幾度も周回した。
四角い中庭を硝子窓で四角く囲んだ外側に廊下があり
窓硝子を四角く囲んだ廊下の外側を四角く囲んで病室が並んでいた。
中庭と硝子窓と廊下を囲む病室のひとつに私はいた。
入院患者として収容されていた。

ある日研修医が病室へ来て私が壁に貼るポスターに目をとめた。
「これはもしかして」と研修医が言うので
「マシュー・べラミです」と答えると「ですよね」となった。
彼はマシュー・べラミより優れたミュージシャンを知らないなどと
抱擁すべきかしらと思うようなことを言い
単独ライヴがあったら必ず行くという全く同じ思いを持ってもいて
明日を考える余裕のない身ながら
いつあるかわからない先のことを種に
再会した場合のことまで話し合った。

実物のべラミファンに会うのは初めてだった。
例えば武道館或いは大阪城ホールにMUSEファンらしき人々を見たが
人混みを構成する塊の一部でしかなかった。
こんにちはと声をかけたり巻き毛の理由を訊ねたり
向き合って言葉を交わす相手が同じ趣味であることは
音楽でも本でも映画でも初めてのことだった。
積年の経験則でそんなひとはどこにもいないと諦めていた。
ここにいたのか。

入院は2015年末までの三月ほどのことで
昨秋、研修医が横浜アリーナにいたかどうかは知らない。
再会しようとしまいと我々は既に出会っている。
充分奇跡的に出会っている。



当時の私は2016年の春を迎えることはないと信じていて
そうならなかったから苦しみが減ったということもないのだけれど
生きようと積極的に考えるには至らぬものの
死ななくてはと切羽詰まった気持ちになることは減りつつある。



過日、主におにぎりを扱う店で
知己が彼女自身と私のためにいなり寿司を買ってくれた。
持ち帰って彼女の家で食べるつもりであった。
「いなり寿司ふたつ」と言うのを確かに聞いたのだけれど
おにぎり屋に渡された袋へ入っていたのは
梅ひじきのおにぎりだった。

梅干しとひじきのおにぎりがあること自体知らなかったし
文字数しか合っていないし、ひじきは苦手だし
死のうかなと思ったけれど
もう彼女の家の食卓でお茶の入ったコップなんかも用意されていて
意外とあれだよねなどと言って頬張るしかなかった。泰平。
コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

散髪屋の時計はいつも狂っている [愚]

Saturday ,28th February 2015  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

昨年、自分自身への誕生日プレゼントに選んだのは
サムライとかいう名の、腰へ巻くベルトに鞘のついたノコギリである。

同居人がおばばとか何とか呼ぶ知り合いから
「どうしてもあんたに」と貰い受けたヒメコブシが
「ヒメ」は矮性を示すものと思い込む私の予想を覆す成長を遂げ
上に横に伸びる枝のみでジャングルを形成するに至り
どうにかしなくてはとノコギリを手に入れたのだった。
狭い庭には陽が差さず自由な枝は拙宅の囲いを大幅にはみ出してもいて
切り株だけにしてくれるくらいの気持ちでノコギリを買った。

ノコギリでギコギコやってどうにかなるものかわからないけれど
おばばは同居人へヒメコブシを押し付けて直ぐ気が済んだというように死んで
乱暴者でありつつ感傷的な同居人は
どれだけ邪魔になろうとおばばのヒメコブシをどうにもする様子がなく
かと言って放っておく訳にはいかないと思っている節はあり
小人が靴を拵えるように自分の知らないところで片付けて欲しい感じ
そういうことでしょうと悪者になる気でいた。

そういう気でいることを木が気付いたのかどうか
毎年片手で数えるほどの花しかつけたことのないヒメコブシは
昨春に限って枝という枝に花を咲かせて見せた。
日陰をつくるばかりで邪魔と言い切るには花の咲かなさがあった。
積もる落ち葉は掃いても掃いても際限なく降るのに比して
咲く花といったらふたつみっつと数え甲斐のないこと甚だしく
その花も見つけたときには枯れはじめる素っ気なさでよいところがない。
そうして何年ものあいだ邪魔者でいたというのに切ろうと思った途端
数えきれぬ花をつけ満開にした。
何なのだ。

元々庭仕事とか草花の手入れとか屋外のあれこれが苦手で
人工的な灯りの下で音楽を聴き本を読み鼻歌っていたい私は
サムライは鞘へ収めておく、直ぐにそう決めた。
大抵の場合、後回し先送りしてよいことなどないのだけれど。

寿命の残っているものを自分の手で始末するとなれば
どうにもそうするしかないと思わなくては難しい。
取り返しのつかないことを敢えてするだけの決心がいる。
ヒメコブシの延命は私が私をまだ生かしておく理由にほぼ等しい。



母が電車に揺られてひとり実家へ出かけたのは
私が生まれる筈とされる日よりふた月も前のことだ。
けれど実家へ着いた翌日早朝、母は産気づき
病院へ行くためのクルマへと歩きながら路傍に私を産み落とした。
産声を上げず田舎道に転がる紫色の肉塊が私のはじまりである。

八歳くらいのとき妊娠していた母が
顔色を悪くして誰かひとを呼ぶよう言ったあと
やはり足の間をするすると紫色の肉塊を滑らせたことがあって
血にまみれたそれは母胎で死んだ弟だった。
穏やかに眠るような顔をしていたけれど死んでいるのは何故かわかった。

確かその夏、私は何匹かの金魚を殺した。
理由なく殺した。

いつだって自分のことがわからない。

himekobushi.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄分の墨汁に化ける白タブレット [愚]

Tuesday ,31st July 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

映画やドラマで何も身に着けず泳ぐ場面を見ると気ままさに憧れる。何ひとつ縛るもののない自由な様に強く惹かれ私もそうしてみたくなるが咎められず騒がれず裸で泳ぐことのできる場所を知らない。ひとの来ない海を川をプールを風呂を生け簀を知らない。裸で泳ぐことが叶わないのは途方も無い大きな痛手の気がして窮屈で息苦しく居心地悪いことのように思う。


保育園児のときの水着は赤と黄の二色を大胆に配し胴回りに金色帯状の細布をあしらう攻めた感のある造りだった。それは写真に残っているのではなく、ただ記憶として頭の中にある。余程気に入っていたのか奇抜な見た目のためか未だに憶えている。生まれて初めての水着だったろうか。

保育園には水着代わりに下着を着ける決まりがあるらしかったが水着があるのに下着でプールに入るとはおかしな話だと父は言い、私は私で水着を着るものと勝手に決めていた。構わないとも駄目だとも言われぬまま我を通した私は白シャツ白パンツの群れにひとりサイケデリクな水着で紛れ込み紛れようもなく浮いた。

小学校へ入学すると揃いの紺色の水着を着た。水着の奇抜さで浮きはしなかったが身体は浮いた。手足を動かすと途端に沈むので泳ぐことはできなかったけれど逆上がりや縄跳びのように苦心するところは何もなく、うつ伏せに全身の力を抜いて水面に浮かぶのは気持ちよかった。泳ぐ練習をしなさい水死体の真似はやめなさいと言われても、ぷかぷか浮くのをやめなかった。


小学四年生になると上下ふたつに分かれた水着を買ってもらった。商店街の食中毒を出して潰れかけているケーキ屋の隣のやはり潰れかけて見えるうす暗く野暮ったく黴臭い学校指定の洋品店で脱ぎ着のしやすいスクール水着のつもりで選んだのだけれど腹やへその出る水着は学校指定の水着でもスクール水着でもないらしく悶着の種となり教師の中にはそんなものを買うとはと呆れるひともいて薄々カッコいい水着と得意な気持ちでいた私はがっかりした。けれど別の水着を買えとまでは言われず、転校後に買ったのだけれど転校生だから仕方ないと諦めてくれて、指定外の水着でプールの授業を受けられることになった。

受けられることにはなったけれど調子に乗った感のある水着選びをしても泳げないのは相変わらずで手足を自在に動かし泳いだつもりが溺れていると救助されてみたり随分遠くまでと期待して振り返るとスタート地点から少しも進んでいなかったり頭の中で描いた図と現実に大きな隔たりがあった。泳ぎの真似ごとをするたび耳の中へ入った水がちゃぷちゃぷ音を立てるのや二つ口の水飲みのような仕組みの先へ開いた両目を晒すのは苦手だった。そうした苦手を乗り越えぬまま結膜炎に罹りプールの授業は見学することになった。異端の水着は箪笥にしまってしまった。

翌年の春、私は親戚の家に預けられ、転校した。箪笥の水着は父母のいなくなった家から知らぬ間に親戚の家へ移動していて預けられた親戚の家から通う小学校でプールの授業が始まると親戚のおばさんから異端の水着が手渡された。新たな転校先でも上下に分かれた水着を着るのは私だけだったけれど学校も同級生も何も言わなかった。預けられた先のおじさんに一度、水着の上の部分は必要か訊かれただけだ。私の平坦な胸をちらりと見たあと洗濯された私の水着が物干しで風に吹かれるのを眺めながら。

親戚の家で暮らす小学五年生の夏休みは日々学校のプールへ通い、休みが終わる頃には二十五メートル泳げるようになった。潜っても十メートル泳ぐことができた。ひと夏に成し遂げた偉業に有頂天でそのうちきっと好きなだけどこまでも泳げるようになる。そう思った。父に報告しなくては。そうも思った。度を越した運動の不得手さで常々父には心配ばかりさせており泳げるようになったと知れば喜ぶだろうし安心するに違いないと思った。

翌年、母と暮らすこととなり三度転校した先はプールのない小学校で小学六年生の夏は水泳の授業がなく親戚の家から持ってきた上下ふたつに分かれた水着の出番はなかった。私を二十五メートル泳がせた水着は引っ越し先の押し入れに永眠した。母と暮らすと決まったとき父は私が親戚の家へ預けられた頃には他界していたと教えられ安心させたり褒められたりするのは叶わぬことと知った。

中学生になると肺の病気に罹り泳ぐことも水着を着ることもなかった。水着で周りから浮くことも実際に水へ浮かぶこともなくなりそのあと泳いだのは成人してからである。
泳がずにいて困りはしなかったが土踏まずにナイフを刺すような痛みが走り立っていられなくなったり歩き難くなることが度々あった。あまりにも激しく痛んで自分の身に何が起こっているのか不安になったがナイフを刺すような痛みと言ったら人魚姫に決まっていて、なるほど、ひと夏で随分泳げるようになったのもそのためかと納得した。
自分を人魚と信じているうちは土踏まずの痛みは消えることがなく自分が人魚であるというような考えがすっかり消えて痛みは去った。これもまた成人してからのことである。


土踏まずの激痛がどんなものだったか保育園児のときの水着ほどはっきりとは思い出せないけれど何も身に着けずに泳ぐことへの強い強い憧れは人魚だった名残りかも知れない。
2014-07-15 17:05 更新 715日遅れ

共通テーマ:日記・雑感

じっと手を焼く虫眼鏡。 [愚]

Saturday ,30th June 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

病院へ行き、これまで話さずにいた症状を医者に告げる。
少し強いものになりますがと提示された薬は
副作用に幻覚幻聴が起こり得るという説明で使うかどうか決めずに帰る。
帰って調べてみると病的性欲が抑制できなくなることがあるとも書かれていた。
幻覚幻聴病的性欲どれかひとつにしても緩和したい症状と釣り合わない。
出るか出ぬかわからぬ副作用だからと試してみる気にならない。
一か八か賭ける気になれない。

意識混濁や痙攣や発疹などは深刻だけれど
出た!副作用!といった見た目のわかりやすさと説明不要な感じがある。
幻覚幻聴病的性欲は自己申告な訳で
自分で自分を診断し医師へ申し出なくてはならない。
幻覚幻聴病的性欲を訴えて元からそうでしょうと言われたとき
こんなものはなかったと証明する術がない。
或いは幻覚幻聴病的性欲が現れているのに自覚しないかもしれない。
そういうわかりにくいところへ身を置きたくない。
新しい薬は使わない。そう決める。


内田裕也というひとがロケンロールと言うのをテレビで見るたび
手に持つステッキを取り上げ頭を殴りたくなるのだけれど
そう思ってしまうのは病気なのか元々の性格なのか誰もが抱く印象なのか
判然としない。
曖昧さを意識するともやもやしがちだがこれについては然程気にならない。
いつか目前でロケンロールと言われるようなことがあって
取り上げたステッキで彼の頭を殴り罪人として裁かれるとき答えが出る。
それくらいの悠長さがある。
にも拘らず殴りたい気持ちは変わらなくある。2013-07-28 17:05 更新 394日遅れ


共通テーマ:日記・雑感

傘で目を突くな。 [愚]

Thursday ,31st May 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

こどもの頃母親の誕生日が変わった。
例えば難産で出産に時間がかかって日をまたぎ
はじめて空気に触れた日とすっかり全身が出て来た日で迷う或いは拾われるなど
実際のものがはっきりせず仮の誕生日を設けるというような話なら
彼女がこどものうちにどうにかしたように思う。
小学生ふたりの母親であった彼女にどういう事情が生じたのか
長いこと五月二十日生まれと言っていたものを
六月二十日生まれだったそうだった思い出したと突然言い出し
それからは六月二十日生まれで通した。
戸籍やなんかがどうなっていたかは知らない。

生き死にが勝手に反映されるものでなく
戸籍が事実の帳簿であるためには
正確に届け出るひとが要る仕組みで
そこに書かれたことをそのまま信用する訳にはいかない。
役所で発行される書類に使う日付が書かれているだけのこと。
原本謄本抄本と何かと堅苦しさを匂わすけれど
二百歳のひとを幾人も易々と生かしておく夢見がちな本。


松田優作は39歳で死んだとずっと思っていた。
出生届けが一年遅く出されていて
届け出て39年、生まれてから40年で死んだらしいと最近知った。
39歳のほうが伝説に似合うという感想はおいておいて
これは本人が明かしたことだろうか。ならいいのだけど。
もし松田優作が一年遅い生年月日を公式の誕生日としていたなら
知りたくなかった。
都合が悪いから目を瞑っておいてくれという悪事はともかく
隠していたことを死んだからと勝手に明かされては気軽に死ねない。


知る知らぬで世界は大きく変わる。
目の前が平穏だからと安心しているとどこかで災害や戦争が起きている。
薔薇の花を浮かべた風呂のつもりでヘドロに浸かっているのかもしれない。
どこも水がきれいになったなどと言うばかり、ヘドロはどうしたのか。
天井裏にみっしり詰められてやしないか。
時に不意打ちで天井を見る。漏れている感じはない。


犬の去勢手術をした。手術したのは獣医だけれど。
犬には相談せず勝手に決めた。
当日も手術と言わずに病院へ連れて行った。
去勢手術なんて簡単に言えない。
骨粗しょう症くらい言い難い。滑舌。2013-05-24 14:45 更新 359日遅れ

シャアツ。

さつまあげ。


共通テーマ:日記・雑感

画鋲は飲まないほうがいい。 [愚]

Saturday ,31st March 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

雨が降る。
雨は好きで少しくらいの雨なら濡れるのも気にならない。
気にはならないけれど
乾いた服に着替えたときのさっぱりした感じはとてもよい。
もう一度濡れた服を着るなんてことは全力で避けたい。


坂を下った道の曲がる辺り、柵の向こうに池がある。
池といってもコンクリートでいびつな四角形につくられたもので
周りに茂る木々の枝やそれに巻きつく蔓や丈のある雑草に覆われていて
陽の光も殆ど当たらず気をつけて見ないと池のあることに気付かない。
そんな目立たぬ池に40センチくらいの錦鯉が何匹かいて
観賞されにくい観賞魚になっている。

あの池にも雨が降っている。
池が溢れるほどの雨ではないがそう思う。
水の中の鯉は既に濡れており雨で濡れたと騒がぬだろうし
濡れた鱗を乾かしたいと望んでもいないように思う。
ただあの草木に埋もれた池を知るひとりとして
時々思い出すくらいのことはしたい。
してもしなくても変わりないことを無責任にしたい。
というのもあるし
忘れたら消えてなくなる。そんな思いもどこかにある。
2013-04-03 16:00 更新 369日遅れ

i'm watching you


共通テーマ:日記・雑感

冷たいものは飲めないの/過去記事隙間三行 [町田さん]

Tuesday ,28th February 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

過去記事が出てきた。
猪突な馬鹿っぷりが痛々しくて愛おしい。
馬鹿の生まれ落ちた日記念にて再掲。

2013-03-31 11:35 更新 398日遅れ

■冷たいものは飲めないのの巻 28/MAR/2004

町田さんのライヴに初めて行く。
やはり日帰りは無理な体調でホテルを予約、
愛車「みかん」に乗って吉祥寺へゴーゴー。
なんて言いながら今にも吐きそうで泣きそうな緊張感。
ホテルに着くと薬を飲むための食事を確保に外出するも
ものの2、3分で緊張感で目眩。

目の前にあったカーネルおじさんのお店に突入。
適当に買い込んで、ホテルの部屋にお持ち込み。
私が瀕死の白鳥だってのに同居人は「フライドフィッシュにソースがねえ」とか
至って暢気っていうか、元気っていうか、少し黙ってろっていうか。
瀕死の白鳥もチキンの入ったサンドウィッチとか共食いしてんだけど。
あくまでも薬飲むための手順として。
薬を飲んだら体力復活を図って、目覚ましかけて午睡した。
主に同居人が「ガーガー」とアヒルみたいに。
私は取り敢えず寝転がって持参の本を開いたり天井眺めたり
目を閉じて誰に対してだか不明な眠った振りをしたり。

部屋を出たのは開場時間を随分過ぎてからのこと。
多分、というより絶対大丈夫と思うのだけど万一の嘔吐が心配。
途中のコンビニでハンカチ一枚購入。「シールで良いですか?」
普段なら良いけど「袋に入れて下さい。」にさせて貰う。
エチケット袋が欲しいのに
その袋をいただかないとハンカチ買った意味がない。

スターパインズカフェに着いたのは午後7時前後。
ドリンクに困る、冷たいものは飲めないから。
けど裏メニューでぐり茶或いは凍頂烏龍茶ホットなんてないみたい。
仕方なくジンジャエールを頼む。持ってるだけで寒い。

ズボンズが始まる頃、私と同居人は前から4、5列目に立っていた。
客は楽しみに来ているのだから良いのだけど
聴きたい見たいというよりは騒ぎたいが勝っている感じで
少なくとも4、5列目前後では町田さん狙いの私のほうが
彼らよりよほど真剣にズボンズを聴いていた気がした。
と足の指に激痛。ピンヒール女に足を踏まれた。
知ってて知らぬふりの彼女に「足、踏んでるんだけど!!」と言うと
「騒ぎたくないなら後に行って」
ちゃんと耳元で大声で言っているのに日本語が通じない。
ジンジャエールのグラス持ってたら、氷ごと、頭から浴びせるとこだよ。
仕方ないから足踏み返して、戻す踵でスネ蹴りしてみた。
日本語は苦手でも力技は通じたみたいで私から離れて行く。

ズボンズが終ると
私と同居人は前から3列目くらい中央からやや右寄りに移動。
こんな近くで町田さんがと思うと緊張は高まる一方。
耐え切れずピルケースから薬を取り出し水無しで飲む。
セッティングにかなりの時間を要した後、いよいよ町田さん登場。
酷い緊張が何故か一気にほぐれて、周囲の空気も変わっている。
静寂というのではないのだけど、一言も一音も聴き逃したくないというような。
うしろから押されて苦しいということもなくて、集中できて有り難い。

町田さんは風邪を召されいてたようだけど
それを感じさせる様子は微塵もなくて
始めから終りまで聴かせて見せて楽しませてくれた。
緊張の一部には町田さんが私の思っているようなひとではなかったら
好きなひとに失望したくないという気持ちがあったかもしれない。
でも、もう、そういう心配は一切なくてライヴが終ると同居人とふたり
夜風の冷たい吉祥寺の街を手を繋いで走って帰った。
ソースのない冷えたフライドフィッシュを残した部屋に。
書いた日:5/MAY/2004

町田康・新ユニット「吉祥寺 REAL ROCK」 吉祥寺SPC

町田康様(歌、ギター)・内藤幸也(ギター)・西村雄介(ベース)・ロジャー高橋(ドラム)

セットリスト
01:夫婦茶碗
02:すっぽん〇(尻の穴)
03:昔の話ばっかりしてる奴
04:頭が腐る
05:朝日がポン
06:自己紹介
07:ダラダラ
08:無職の夕べ
09:パンクロッカー
10:グローリア
11:今日やった奴
12:退屈なレイニー
13:ガラスの動物園(アンコール)

++物販++
ミラクルヤングCD『ミラクルヤング』、ミラクルヤングのTシャツ

犬とチャーハンのすきま

犬とチャーハンのすきま

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インディペンデントレーベル
  • 発売日: 2010/04/28
  • メディア: CD



共通テーマ:日記・雑感

茱萸味のグミ。 [愚]

Tuesday ,31st January 2012  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

いろいろあって犬と暮らし始める。
窓から差す明るい陽の光と加湿器の白い靄に包まれる犬の様は
遠い国の大きな教会の天井絵の気高さで夢を見ているようだが
彼らは生きており拙宅の居間にいて私の家族なのだった。
来た日から病気がち騒々しくても静かでも安心する暇はなく
子ができて知る親心、両親の気持ちが少し分かったような気になる。

彼らを連れてはじめて動物病院へ行きもした。
待合室には犬や猫や人間がいた。
かさこそと虫ほどの足音で部屋の真ん中へ行くのは小さなチワワで
そこに仮設ステージがあるかの振る舞いで待合室の注目を集めてから
りんご三つ分くらいの身体でりんご二つ分に見える糞をした。
脱皮か出産か分身の術かという具合の作品に
驚いて椅子から立ち上がる粗忽者は私ばかりで
目を丸くしながらも明後日を見るなどして平静を装うのが礼儀らしかった。
慣習なんかは知らなくても然程困らない。
犬の糞が体形に比例しないことは知っていて構わない。
知りたいのは犬が過ごしやすく健康に暮らすために何ができるか。

遊ぶこどもが崖から落ちそうになったときに救うひと
ホールデンがそういうひとになりたいと言ったとき
私もそうなりたいと望んだけれど
自身の未熟さを思えば務まる気がしなかった。
気がしなかったが犬と暮らすというのは崖の番人に違いなく
不意に望みは叶い大役を得た。
2013-03-30 10:35 更新 425日遅れ

ちびず+++++> [TV]

17jan2012-143853.jpg

17jan2012-m144305.jpg

タグ: 崖の番人

共通テーマ:日記・雑感

レモネイドのストロを噛んで。 [愚]

Saturday ,31st December 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

十二、三歳の頃。妹と母と私、三人暮らしの家へうさぎが来た。
うさぎが跳ねて勝手に現れた訳ではなく誰かがくれたのだと思う。
経緯はよく憶えていない。
小さくやわらかく目のくりっとした愛らしいうさぎだった。
一緒に暮らすことができたらどんなにか楽しいだろうと思った。

父がいなくなってからの私たちの暮らしは社会保障制度頼りで
身の回りのもの全てを必需と贅沢に分け、贅沢は排除する決まりだった。
うさぎの静かさなら隠れて飼える
くれたひとはそんな思いで連れて来てくれたのかもしれない。

そうは言っても私たちの暮らしには
ケースワーカーや児童相談所員や保健師や近所の口うるさいひとたちなんかが
入れ代わり立ち代わり現れて秘密ひとつを持つにも苦労した。
隠してはおけないし、うさぎはどうしたって私たちには贅沢だ。

結局はヘルパーさんがうさぎを引き受けてくれることになった。
ヘルパーさんは役所の派遣で病身の母に代わり家事を手伝ってくれるひとだ。
大抵の家事は私と妹でこなしたが
成人していないと出来ないことは少なくなく、頼りにしていた。
ヘルパーさんも私たちに親しみを感じてくれていたのか
業務とは関係なしに自宅へ招き
自分のこどもと遊ばせたり手料理を御馳走してくれるのだった。

夫の浮気を知って家を飛び出したときには私たちの家へ来て
「パン屋のやつ!パン屋のやつ!」と泣いたりもした。
彼女のよく行くパン屋の店員が浮気相手だった。
「駅前なのよ、駅前のパン屋なのよ」と要らぬ説明もして泣いた。
他の幸せそうなひとの前では泣けぬが私たちなら大丈夫
そういう感じがなくもなかったが何にしても身近なひとではあった。

うさぎの行く先がヘルパーさんの家であれば
全く会えなくなるということもなさそうで妥協案としては最善
そう思っていたが
一週間経たぬうちに誤りだったかもしれないと考えを変える。

それはヘルパーさんから電話があり
うさぎが階段から転がり落ちて死んだと知らされたからで
誰が悪いものでもなく生きていればいつか死ぬのだけど
うさぎと二度と会えなくなったことは確かだし
私の住む小さな平屋に階段はなく転がり落ちようがなかった。

一緒に暮らすことは諦められても、うさぎの命はそう簡単に諦められない。
数日前には元気だったうさぎが死ぬなんて有り得ない気がした。
「嘘でしょう」と言ってみるとヘルパーさんは「ごめんね」と言って
事実は事実、どうしようもなかった。
転がり落ちるうさぎの目に映るものや恐怖心が
自分のうちにも起こり息が苦しくなった。

9月のうさぎ。


いつだって多くの命が失われているのですが
私は生き残った側にいる
そんなことを思う、うさぎ年の年末です。2013-03-25 19:05 更新 451日遅れ

1月の海。

5月のゴミ箱。

9月の夕陽。

タグ:うさぎ 2011-12

共通テーマ:日記・雑感

Happiness is... [愚]

Sunday ,13th November 2011  gremz 自然破壊 森林破壊 大気汚染 オゾン層破壊

スヌーピーの箱から出したドーナッツをスヌーピーの皿にのせて食べる。
スヌーピーの皿は確かコンビニエンスストアで貰ったもので
他にも赤毛のアン、フランダースの犬、ラスカルなどもあるがそれらは使っていない。
箱に入ったまま、まっさらである。
食器がものを思うか知らぬし思うとして何を思うか知ることもできぬが
使われないよりは使われて割れることを望む気がする。
勝手にそう思う。
割れば割ったで大切にしなくてごめんと大抵悲しくなる。
あれこれ擬人化して生きるのをややこしくしているか知れない。
2013-03-22 16:35 更新 496日遅れ

ミスタアドオナツ。


共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。